免疫が持つ力|足の血管が浮き出る症状は早期発見が重要|症状に合わせた病院探し

足の血管が浮き出る症状は早期発見が重要|症状に合わせた病院探し

ドクター

免疫が持つ力

カウンセリング

体外で活性化

免疫治療はがん患者の体内にある免疫細胞を、いったん体外に取り出して培養するものです。体外で強い刺激を加えながら培養することで免疫細胞の活性化を助ける、あるいは増殖することが可能になりがんを攻撃する力を整えていきます。そしてこの細胞を患者本人の体の中に戻していきます。がん細胞はすべての人の体内に日常的に存在すると考えられています。すべての人が病気としてがんを発症するわけではありません。これは体内にある免疫細胞が、全身をパトロールしてがん細胞を見つけると直ちに排除しているからです。この排除する力を持った細胞を、体外に取り出してその力を増強させ体内に戻してがん細胞をたたいてしまおうという考え方が免疫治療です。

がん細胞も必至

免疫ががんの増殖を防いでいるのに対して、がん細胞も自分を攻撃してくる細胞を眠らせようとしています。がん細胞は免疫に偽物の信号を送って、免疫が自ら眠ってしまうように仕向けています。病気や放射線の被ばく、慢性の感染性の疾患で免疫の力が弱まったり、何らかの刺激を受けて勢いを得たがんが免疫より優勢になってしまうと人はがんを発症してしまいます。免疫細胞を体内に残して薬物で刺激して強くするのでなく、免疫細胞を体の外に取り出して免疫抑制の影響を受けない環境で刺激して、がんと闘う力を目覚めさせる方法が免疫治療です。現在は免疫治療のみでがん細胞をたたくことは難しいため、手術や化学療法放射線療法と並行して行われています。