街のかかりつけ医|足の血管が浮き出る症状は早期発見が重要|症状に合わせた病院探し

足の血管が浮き出る症状は早期発見が重要|症状に合わせた病院探し

ドクター

街のかかりつけ医

医者

若い世代の力が必要

都筑区は若者の街として周知され、人口増加によって医療機関の重要性も指摘されています。都筑区の年齢構成の状況は若い世代が多いものの、65歳以上となる高齢者の方の人口の割合も14%超えとなるなど、高齢化社会に突入しているため、高齢者に信頼されるホームドクターを目指す取り組みが内科を含む医療機関で展開されはじめています。若い世代が多いことからも、医療従事者に若い手を借りることも提案されています。例えば、内科では訪問診療の場に活気溢れる医師や看護師などを携わらせ、高齢者の病気に対する動揺や、痛みなどの症状に対する不安など、若い力を吸収させ、メンタル面から健康改善を図る取り組みを加速させ、世間体では無い、かかりつけ医である必要性を訴えています。

美容からの相談も可能

都筑区は様々な年代の方々の生活圏として機能しており、幼児から高齢者までの方々が健康を意識した生活を送っています。内科においては、風邪やインフルエンザの予防接種などの一般診療を行うことはもちろん、特定健康診断や入学、あるいは入社健康診断にも携わってくれる医療連携も図ってくれるため、幼稚園・学校・企業など、法人や個人問わず、健康を意識することが可能です。一般内科では、急性疾患に関して、隔離できる院内設備を導入することで二次感染者を出さない配慮を進めるだけではなく、便秘や貧血など、未病であっても悪化することで他の病気を招きやすいトラブルにも応えてくれる利点が挙げられています。都筑区では相談しやすい医師が多いため、若い世代に多いムリなダイエットによる便秘や貧血など、美容からの健康被害にも応えてくれます。